ネット予約

お知らせ

歯の豆知識「歯ブラシ➕を使いましょう」

当院ではほとんどの患者さんに歯ブラシ➕をご提案させていただいております。
➕というのはフロス(糸)・歯間ブラシ・ワンタフトブラシなどの補助清掃用具の事です。
どれを➕するかは患者さん1人1人違います。
またフロスはワックス付き、ワックス無しと分けられたり、歯間ブラシも患者さんによってサイズが異なります。
お口に合わせて適切な➕補助清掃用具を使って頂く事が一番効率よくきれいにでき、歯を守る効果が高まります。

 

 

例えば歯ブラシ1本でお口のケアをした場合は約60%の汚れを落とせるとデータが出ていますが、➕フロスを使用すると約80%まで上がります。さらにさらに➕歯間ブラシを使用することで約85%になるという結果が出ています。

 

 

歯ブラシだけでは私達歯のプロがどれだけ時間をかけて磨いても落としきれない汚れが必ず残るのです。

 

 

当院では患者さん1人1人に合った歯ブラシまた➕の補助清掃用具をしっかりお選びしご提案させていただいております。また患者さんからも遠慮なくご質問下さいね。

 

 

 

 

あなたの歯を守り、
笑顔を作るお手伝い♪
はぐみの杜デンタルクリニック

歯の豆知識「適切な歯ブラシの力」

歯ブラシは毎日少なくても1回、しっかり磨かれる方ですと3回は磨きますね。さらに着色を気にされる方は研磨剤入りの歯磨き粉を使って磨かれていると思います。

 

毎日磨かれる歯は適切な力で磨かないと研磨剤の効力も加わり歯が削れてしまう事があります。これはしっかり磨こうとされる方や着色が付きやすい方に多く見られます。

 

歯をきれいに磨こうとゴシゴシ力を入れて磨いていると逆に歯ブラシの毛がはじかれてしまい、適切に歯に当たりません。それどころか歯を少しづつ削りくの字型に根元からくびれさせてしまいます。また歯ぐきが下がり根元が露出してくるのです。どちらも知覚過敏の原因になります。健康な歯をきれいにするために歯ブラシで少しづつ削ってしまうのはとてももったいない事なので、この症状がある方にはすぐお伝えしています。

 

ご自分の歯ブラシの力が強いのかはなかなか分かりませんよね。ポイントは歯ブラシを裏から見たときに毛が外側に飛び出している方は歯ブラシする時の力をが強い方です。適切な圧力で磨いていると歯ブラシの毛先は開いてきません。具体的に言うとキッチンスケールで歯ブラシを使って力を測ってみるといいです。100〜200gが理想とされています。

 

皆さんさっそくチェックしてみて下さい。

歯が削れていないかは当院でもしっかりチェックしております。

 

 

あなたの歯を守り、

笑顔を作るお手伝い♪

はぐみの杜デンタルクリニック

 

歯の豆知識「歯ブラシの寿命」

私達は患者さんのお口の状況に合わせて歯ブラシや歯磨き粉をお選びさせて頂き、磨き方をお伝えしています。
この時によく質問があるのが歯ブラシの交換時期についてです。

 

3ヶ月から6か月くらい使われる方が多いようなのですが、1か月を目安に交換して頂くようにお願いしています。

 

その理由はお口の中は多種の菌でいっぱいです。目には見えませんが歯のお掃除をしてくれる歯ブラシは菌が増えますので、まず衛生面的な問題があります。

 

次に長く使っている歯ブラシは毛が開いたり、弾力がなくなったり、毛先が痛みます。そうなると下ろし立ての歯ブラシが100%の力を発揮するとして長く使った歯ブラシは約60%しか力を発揮できないのです。せっかく上手に歯磨きされていても60%では効率が悪くとてももったいないです。

 

歯ブラシは月の初めに取り替えると決めておけば忘れる事もありませんね。月に一度交換していきましょう。

 

 

 

あなたの歯を守り、

笑顔をつくるお手伝い♪

はぐみの杜デンタルクリニック

 

 

 

 

 

 

 

 

歯の豆知識「歯周病になりやすい年齢」

歯周病というと高齢の方がなる病気のように思われがちですが、実はその始まりは若い時からという方が多いです。
以前お話ししたように歯周病は自覚症状があまり出ないまま進行していくので歯科医院に疎遠の方は気付きにくい病気です。そのためか異変を感じて歯科を受診される患者さんには高齢の方が多いとう統計があるようです。
でも実際は若い時から始まっており、徐々にプラークや歯石が溜まる事により歯ぐきを腫れさせて、歯を支えている骨をジワジワ溶かしてるのです。

 

最近ではジュースや甘いものを多く取るお子さんにも歯周病が見られるようになってきました。

 

早期発見のためにも定期的な歯科医院受診をお勧めしております。

 

 

 

 

 

あなたの歯を守り、

笑顔を作るお手伝い♪

はぐみの杜デンタルクリニック

歯の豆知識「歯周病の症状とは?」

歯周病は虫歯と違って自覚症状がなかなか出にくい病気です。
虫歯になるとしみたり、ズキズキしたりわりと症状を感じやすいので、「歯が痛いなぁ。歯医者さんに行こう。」となるのですが、歯周病の場合ジワジワと溜まったプラークにより進行しているので歯ぐきが痛いなぁと感じた時にはかなり進行している場合が多いです。とは言っても歯ぐきもサインを出しています。
まずは出血。りんごを食べたり歯磨き後ゆすいで血がにじむ事がある方は痛みはないのでそのままにしがちですが、歯ぐきは汚れが残っていて炎症が起きてますよというサインを出しているのです。他には歯ぐきが腫れる、歯が長くなったように感じる、虫歯でもないのに歯がしみる、歯と歯の隙間が広くなり食べ物が詰まりやすい、歯が動くようになり噛みにくいなどの症状が現れます。さらに放ってしまうと歯がグラグラになり抜けてしまいます。

なかなか症状が出にくく気づきにくいのが歯周病。沈黙の病気とも言われる所以です。

私たちは皆さんに後悔をさせたくありません。何も違和感がなくてもぜひ歯医者さんを受診してみてください。色々な気づきがあるかもしれませんよ。

 

 

あなたの歯を守り、
笑顔をつくるお手伝い♪
はぐみの杜デンタルクリニック

月別アーカイブ