ネット予約

お知らせ

歯の豆知識 「プラークって何?」

前回の豆知識で虫歯の成り立ちを説明しました。その時出てきたプラークという言葉は多くの人がテレビなどで耳にした事があるかと思います。

ではプラークって一体何なのか?について今回はお話していこうと思います。

歯磨きをしないで丸一日も経つと歯の表面に白くネバネバしたクリーム状ものが付いてきます。これがプラークです。歯垢とも呼ばれますね。一見プラークは食べ残しのカスや垢のように思われがちなのですが違います。実は細菌の塊なんです。プラークを器具で取り患者さんにお見せすることがありますがこの1mgの中に何と10億の細菌が存在すると言われていますので器具に付いてるほんのわすがなプラークですら数百億の菌が…

これにより近年はプラークを歯垢ではなくバイオフィルムと呼ぶ事が多くなりました。

細菌の塊はさらにお砂糖から多糖体を作りバリアを作って自分たちの住みよい環境を作り上げています。そのため機械的にプラークを落とすことがお口の中の環境をよくするにはとても大切になってきます。機械的というのは歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシ等を用いてプラークを除去していくことになります。

プラークは虫歯や歯周病を進行させる、お口中の最大の敵です。

 

当院でも専門の機械を使い、さらに高度に歯科衛生士がプラークを除去する事ができます。

4ヶ月に1度はお口の中の環境を良くするクリーニングを受けましょうね。

 

 

 

 

あなたの歯を守り、

笑顔をつくるお手伝い♪

はぐみの杜デンタルクリニック

 

歯の豆知識 「虫歯はどのようにできるのか」

虫歯はどのようにできるのか。虫歯予防していくうえで皆さんにも簡単に知っておいて欲しいテーマになります。
まず虫歯の原因菌であるミュータンス菌等がお口の中に残っているお砂糖を分解していきます。その時多糖体である不溶性グルカンを作ります。
この不溶性グルカンが歯の面に強く付着し、ネバネバした白いプラークを作り出します。またこのプラークの中のミュータンス菌はお砂糖、ぶどう糖、果糖を分解して酸を作り出すのです。
この酸はプラークの中に、長く留まり歯のなかで1番硬いエナメル質を溶かしていきます。溶かし続けていくと次第に歯に穴を作ります。これがよく目にする虫歯ですね。
不溶性グルカンと酸が作られることによって虫歯が引き起こされているというわけになります。

プラークが歯ブラシで取り除かれなく、時間が経つと古いプラークになっていきます。古くなればなるほど酸性の高いプラークとなるのです。そして酸が唾液に中和されないようバリアの役目も果たしています。
今回のポイントはミュータンス菌がお砂糖を多糖体に変えて自分たちの都合のよい環境を作り出し、その多糖体を使って局所的に酸を産生し続け、その酸により歯も溶けてくるという過程で虫歯ができているという事です。
そのためお砂糖の取り方がとても大切になってきます。
ですが、お砂糖は体にとって大切な栄養源の一つでもあります。
甘いものを取ったあとは菌の住みかを歯ブラシでお掃除することで酸がなくなり唾液によってお口は中和され歯を溶かせなくなり、虫歯は予防されます。
虫歯の原因・成り立ちが分かると歯ブラシの大切さとお砂糖の取り方の重要性がみえてきますね。

 

 

あなたの歯を守り、

笑顔をつくるお手伝い♪

はぐみの杜デンタルクリニック

続ける事の大切さ

サッカーの三浦 和良選手は今年プロ30周年を迎えるそうです。スポーツ選手では異例の記録だと思います。

彼は職人さん達のように一つのことを長く続けるということを決意していたようです。

一つのことを長く続ける…簡単なようでとても難しい事だと私は思います。

私も歯科医として皆さんの歯を一生涯守りたいと思っております。

30年あれば今の子ども達は成人して子どもを持つ親になっているかもしれません。今の大人達はおじいちゃん、おばあちゃんになっているかもしれません。 でも歯は変わらず一生涯ご自分の歯で美味しくお食事して頂き、素敵な笑顔をつくるのが私の使命だと常日ごろ感じています。

皆さん、30年後も変わらず歯の検診続けていきましょうね!

 

 

 

 

 

あなたの歯を守り、

笑顔をつくるお手伝い♪

はぐみの杜デンタルクリニック

★バレンタインデー★

今日はバレンタインデーでしたね。チョコをもらった方も多いのではないかと思います。私も女性スタッフから気持ちを頂き嬉しい一日でした。
甘いものを食べる機会が多い本日は当院では歯の形のキーホルダーに入ったフロス(糸)をプレゼントさせて頂きました。

フロスは歯ブラシと同じくらい重要なものです。歯ブラシでは絶対当てることの出来ない歯と歯の間の汚れを取ってくれます。

はぐみの杜デンタルクリニックではフロスをとてもお勧めしています。ちょっとめんどうなフロスですが、歯を守るためにも歯ブラシと同じようにできるだけ毎日フロッシングしていきたいですね!

 

 

あなたの歯を守り、
笑顔をつくるお手伝い♪
はぐみの杜デンタルクリニックimage

歯の豆知識 「8020運動」

8020運動という言葉を耳にした事がある方は多いのではないかと思います。これは89年に厚生省と日本歯科医師会が始めた「80歳になってもも自分の歯を20本以上保とう」という運動の事です。

20本以上歯が残ることでご飯を美味しく食べられしっかり噛めます。そして、しっかり噛める事は体全体の健康にも繋がっていくのです。

今は目立たない入れ歯の技術も上がってきましたが入れ歯では半分の力でしか噛めません。食べ物の温度も味も感じにくくなります。

一生涯ご自分の歯で美味しくご飯を食べて頂き、歯を気にせずニッコリ笑顔を作れるお手伝いをしたいとはぐみの杜デンタルクリニックは考えております。そのためにまず定期的に検診を受けて頂くことがとても大切です。

一人一人にあった歯のお手入れを提案させて頂き気持ち良いクリーニングを行っていきます 。

80歳になった時歯を20本以上残すケアを始めましょう‼︎

 

あなたの歯を守り、

笑顔をつくるお手伝い♪

はぐみの杜デンタルクリニック

歯の豆知識スタート‼︎

皆さんにもっともっと大切な歯のこと、お口のことを伝えたいと思い、豆知識のコーナーをひらきました!

少しでも皆さんのお役にたてればと思いますので時々訪れてみてください。

 

あなたの歯を守り、

笑顔をつくるお手伝い♪

はぐみの杜デンタルクリニック

 

月別アーカイブ