ネット予約 無料メール相談

 ワイヤー矯正ブログ加藤編

2019年10月18日
矯正中のセルフケア+ディスキングについて!

こんにちは〜〜🌞🌞

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

△前回はブラケットについてお話しました!

今回はまずブラケットがついている歯の

お掃除方法をお伝えします🦷

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

歯と矯正装置の間には汚れがたまりやすく、

普段の歯磨きより入念に磨かなければいけません!

そのため、時間も長くかかってしまいますが、

矯正中に歯磨きを怠ってしまうと矯正装置と

歯の間にどんどん汚れがたまってしまいます。こうした汚れは『むし歯の原因』や『歯周病』

『口臭』といったお口のトラブルを

引き起こすことに繋がってきます🤦🏻‍♀️🤦🏻‍♀️ 

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

せっかく歯並びやかみ合わせが良くなっても

むし歯だらけだったり歯周病になってしまっては

歯にダメージが残ってしまいます🙅🏻‍♀️❌

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

❶"ブラケット"上下のくぼみには食べカスが

たまりがちです。歯に対し歯ブラシを斜め45度

にして当てるように意識して、ブラケット上下の汚れを

しっかり落としましょう。必ず上下分けて磨くようにして下さい。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

55F019A4-8956-4022-AD7D-C5C7BF2E9848 FBD85C1A-727D-4CE1-BAC8-9CAE0544F3BD

❷歯と歯の間は歯ブラシを縦にして上下に

動かすようにして磨いてください。

歯ブラシの先端部分を使うと磨きやすいです!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

そして、矯正中にとても活躍するのが

"ワンタフトブラシ"です🥺

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

奥に行けば行くほど磨きにくくなってくるので、

ヘッドの小さいワンタフトブラシは細かいところも

磨けるので必需品です☝🏻

ブラケット周りの細かいところを磨くのにも

大活躍します!もはやワンタフトブラシがないと

ちゃんと磨けないと思います!

それくらい大切です👩🏻‍⚕️☝🏻 

F506A5FA-E99B-495D-89D5-770B3AF171F8 3E4FF2A6-DE52-4CAB-BF89-79895504C99C

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

あとは、ワイヤーの下を掃除するのに

歯間ブラシ もおススメです!少し大きめのサイズを

使うと、より汚れの除去率が高いので良いと思います!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

矯正中は、ヘッドが小さく、毛が細いものを

使うと歯と歯の間が磨けたり、奥の方まで

届きやすいのでおススメです!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

△続いてはディスキングについて

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

少しずつ歯が動いてきたので、もっと動きが

よくなるようにディスキングというものをしました!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ディスキングとは…

歯の横の面をエナメル質の範囲内で多少削って、

歯の幅を小さくする方法で、抜歯するほどではない、

わずかなスペース不足(1~2mm前後)のときに

行うことがあります!

ストリッピング、IPRと表記することもあります☝🏻

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

DA275A05-47AA-4E02-9C1F-36271A4FACBE

ちなみに痛みは全くないです!

しみたりもしませんでした!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

今回はここまで🤗次回は歯の動きの変化をお伝えします〜!!!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

 

ワイヤー矯正ブログ加藤編  月別アーカイブ