ネット予約 無料メール相談

 ワイヤー矯正ブログ石井編

2019年7月9日
矯正を始めた理由

こんにちは。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
歯科衛生士の石井です。
この度私はワイヤー矯正を
始めることになりました。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
実は私が矯正を始めたいと
思ったのは高校生の頃でした。
私の噛み合わせは上の前歯よりも
下の前歯が前に出ている状態で
いわゆる”‘反対咬合”‘です。
“受け口”なんて言ったりもします。
正しい噛み合わせ
というのはこの模型のように
上の前歯が下の前歯に少し
かぶってるような
噛み合わせが正しいです!

392A9B61-8915-4D54-9C22-DB39E2D7F378

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
小学生の頃はそうでは
なかったのですが
中学3年生の頃には今の
噛み合わせになって
しまっていました…..ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

高校生になり
ある矯正歯科医院さんで
診断して頂いた結果
下顎骨切断をすすめられました。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
下顎骨切断とは簡単に説明すると
全身麻酔をして下の顎の骨を
一部を切断して取り除き
また下の顎をくっつけて
出ている下顎を引っ込める
という手術です。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

 

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
下顎には下顎神経と言って
とても太い神経の管が通っています。
その神経があることによって
下顎の感覚が得られます。

手術時は短期間ですが入院が
必要になったり後遺症として
唇の感覚などが鈍くなったり
することもあるそうです。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
私は後遺症の可能性などを考えると
下顎骨切断はしたくなく
今まで矯正は諦めていました…..

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ですがやっぱりこの
コンプレックスは
歯科衛生士となった今
とても気になってしまい
どうしても改善したいと
強く思うようになりました。

この骨格のまま
できる限り噛み合わせを
改善できないかと思い
はぐみの杜デンタルクリニック
に来てくださってる
矯正専門の波柴先生に相談し
まずは口腔内を確認してもらい
上と下の歯型取りㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
レントゲン撮影などを
して検査してもらいました!
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
理想はやはり外科手術をした方が
綺麗には治るが
『外科手術なしで
ㅤㅤできる限りの噛み合わせ改善』
を目標として矯正を
始めることにしました!

早速上の歯に装置が
着いたので次回写真付きで
お知らせしていきます!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ワイヤー矯正ブログ石井編  月別アーカイブ